働き方改革 (高プロ)で、若者にはどんなメリットがある?

働き方改革 について、若者目線で考える。

働き方改革 (高プロ)で、若者は自由になれる?

「 働き方改革 」関連法が、国会で成立して先週公布されました。

「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」

っていう言葉を聞いたことがあるキミも、初めて聞くというキミも、まずは田岡先生の解説を読んでみて欲しいです。

 

学校で「高プロ」の話なんてする機会はまったくないけど、今回はあたしがこのニュースを知って、思ったことを書きたいと思います。

そもそもあたしは、何かを改革するってこと自体には大賛成です!
数十年前に決められたルールだから、変わっていくのが当たり前だと思う。

しかも内容を見たら、

残業代がなくなるかわりに、働く時間やタイミングも自由になる

らしい。

「フレックスタイム制」って言葉を学校の経済の授業で習ったけど、まさにそれと同じです。

会社に行く時間も帰る時間も自由に決められて、それはとっても理想的ではないでしょうか。

もちろん、空気を読んで会社にいなきゃいけないってことはあると思うけど、それでも、なにかと縛られるよりはずっと良い。

学校での生活を考えてみたら、嫌じゃなかったですか?
たとえば美術の授業とか書道の授業とか、作品ができあがってもなぜか決められた時間は席にいなくちゃで、ずーっと美術の色とか形にこだわってるような顔をして、心の中ではまったく別のことを考えてたりしてた。

あの時間って、ホントに無駄でしかない。
(そのくせ何十時間もかけて出来た絵よりも、15分とかで描いた絵の方が成績が良かったりするし……。)

仕事もきっとおんなじです。

じっと長く座っていたからって良いアイデアが浮かぶわけじゃないし、頑張ってるフリなんて、いくらでもできる。

だから「高プロ」が導入されて、夜遅くまで残業しても深夜や休日に働いたとしても、そんなのが全く関係なくなったとしたら、みんな全速力で仕事を終わらせて速攻で帰るはず!

この先の育児とか介護とかを考えたらやっぱり、時間よりも成果で評価される環境の方がなにかと効率よく自分だけの人生を歩みやすいと思うのです。

 

スポンサードサーチ

 働き方改革 は、若い人にとって得じゃない?

 高プロについて調べてみたら、

「高プロ」に反対する人たちがデモをしている

っていうニュースを見つけました。

写真が載っていたから見たんだけど……なんて言えばいいのかわからないけど、

この人たちはデモをしてまで「高プロ」に反対する必要があるのかな?

って正直思った。

みんな仕事ができそうな人たちばっかりだったから!

もちろん、無限に残業させられるのはひどいことだと思う。
知人が過労死された方からしたら、あたしの考え方について怒るかもしれない。

でも考えてみたら、残業代が支払われるってことは、

会社にいさえすればある程度のお金がもらえる

ってことですよね?

きっとその仕組みを悪用して、仕事が終わっているのに残業している人だって、おんなじくらいたくさんいる気がしてならない。

「高プロ」が導入されて一番困るのは、実はそういう残業代でお金を稼いでる人たちなんじゃないかな?

あと、これも経済の授業で習った話なんだけど、日本には「年功序列型賃金」っていうものが存在しますよね?(最近では減ってきてるらしいけど!)

これは労働時間に応じて給料が決まるっていうシステムだから、完全に仕事の成果で給料が決まっちゃうとしたらきっと一番困るのは、

あの人、会社で何してるんだろう……?

ってポジションの、おじさんやおばさんの労働者に違いない。

年上の人たちの給料は、若い人たちが稼いでいるようなものとも言える。
なんなら上の人が給料をたくさんもらっているから、その分若い人がたくさん残業しなくちゃいけないような構造になっているんじゃないの?

だから、あたしたち若者はむしろ、

時間で給料が決まるんじゃなくて、成果報酬の方が得をする

そういう気もする。理論上はね。

だけどもちろん、そんな理想通りにいくわけない。課題も多いと思ってる。

 

働き方改革をするからには、ちゃんと自由にさせて!

 ニュアンスが間違っていないと良いんだけど、「高プロ」が適用された人たちは、

労働時間管理の対象にならない

ってことだから、

残業代が払われない/残業を無限にさせられる

じゃなくて、

残業っていう考え方が存在しない

っていうポジションになるはず。

自分から過労で体調を崩すまで働く人なんていない。

過労死する人はきっと、雇い主や上司から、残って働くように指示されているのだと思う。

 

でも、「高プロ」を導入すれば残業ってものがなくなって、全部働く人が自由に決めて良いってことになるよね?

だから、「高プロ」を導入して人件費を減らそうって考えてる経営者がもしいたら、

ちゃんと高プロの対象者には自由にさせて、たとえば命令したりするようなことはなくしてほしい!

 


「オウンドビジネス」って考え方もそうだけど、

自分の働き方やお金の稼ぎ方は自分で決めなくちゃいけない

そんな時代が来ていると思う。

きっとまだこの考え方を信じられない人はたくさんいるだろうけど、それでも確実に、世界は変わっている。

まずは

今の自分の働き方と、
自分が理想とする働き方についてよく考えるべきです!

賛成でも反対でも、ひとりひとりが意見を持つからこそ議論に意味があるのだと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です