これからよろしくおねがいします!

スポンサードサーチ

あなたはひとりじゃないです! 一緒に「知識」をつけましょう!

みなさんはじめまして、村地と申します。
このサイト、「オウンドベース」を訪れてくださって、
本当にありがとうございます!

すでに他の人の自己紹介の中にあるかと思いますが、
羽鳥さんと入山くん、それから田岡先生の中に、
私も加わることになりました。

やるからには、なにかみなさんにとって役に立つ情報や
ものの見方を届けられるようがんばります!

多分、私ひとりだったらこんなサイト作れませんでした。
私はクラスにもあまり友達はいないし、
ずっと1人で本を読んでいるばっかりだったし、
どちらかと言うと人付き合いとかは苦手で……。

でも、そんな私に声をかけてくれたのが入山くんでした。
思っていることとかが結構一緒で共感できるところも多くて、
そこから私の人生は変わったと思っています。

だから今度は、私の番だと思っています。
このサイトを見ながら「ひとりぼっち」だと感じている人がいるなら、
そんな人の力になりたいです。

「知識」が必要だ!

羽鳥さんも入山くんも、田岡先生もそう言います。

私は正直、この活動を始めるまで
「知識」のことについて考えたことはありませんでした。

世間で起こるニュースや、テレビや雑誌で紹介されているような仕事も、
どこか自分には無関係な世界のお話だと思って、
遠くから眺めているだけでした。

だけど、そんな私は「オウンドベース」で変わりました。

もっと「知識」をつけたい!

そう思えたんです。

「知識」と聞くと、たくさん勉強しなくちゃいけないとか、
そう感じる人もいるかもしません。
でも、そういうことじゃないんです。

「知識」とは、暗記することとは違うと思います。

たとえば、弁護士の先生がいらっしゃるとして、
その人に対してみなさんは、
「知識」を持っている人だと感じるのではないでしょうか?

だけど実際、
弁護士の先生が六法全書を丸暗記しているかと言われたら、
全然そんなことはないそうです。
(もちろん、いらっしゃるとは思うのですけど……。)

仮に暗記していたとしても、
やっぱりそれを実際に活かすときには六法全書を見ながら作業をするわけで、
暗記目的で知識を身に着けているのとは、ちょっと違っています。

私たちが知識を活用しなくちゃいけないときも、
キーワードをふたつみっつ知っておくだけで良いと思うんです。
忘れちゃったら、また調べたら良いわけなんですから。

じゃあ、「知識」がある人とない人の違いは何なのか。

それは要するに、

好奇心

だと私は考えています。

いろいろなことを知るのが、私はとっても楽しいです。
その中には結果的に、私たちの人生に関係の無いテーマだって、
きっとたくさんあることだと思います。

でも、ひとつを知ることが別のことにつながって、
いつか何かしらの形で役に立つことだって、同じくらいたくさんあります。

たとえば、私は趣味でちょっとだけイラストの「知識」を持っていたのですが、
そのことがこのサイトの運営にも役立っています。

(「他のニュースサイトとの差別化になるわ!」って羽鳥さんは嬉しそうでした。
本当にそうなると嬉しいな……。)

知識は持っていて損はないんです。

私がそうだったから、それは自信を持って言えます。

実際に役に立つ瞬間を実感できたら、すっごく楽しくなります!

これから、いっぱい記事を書きます。
だからみなさんも、私たちと一緒に楽しみませんか?

自分の意見を持つことを怖がらないでください!

私がひとりぼっちでこれまで過ごしてきた原因は、

人と違っていたら怖い

というところにありました。

誰かと関わりを持ったときに、

こいつ、変なやつだな……

って奇妙な目を向けられるのが怖かったんです。

だから、普通に生きようと思っていました。
普通に生きたい生きたくないの問題じゃなくて、
普通に生きなきゃいけないって、
周りとおんなじじゃないといけないって、
そんなふうに思い込んでいました。

でも、羽鳥さんや入山くんは違っていました。
学生のうちからオウンドベースっていうものを作って、
似たような考えの人にインターネットを使って呼びかけるって、
かなり変です。

(入山くんも、自分のこと「もともと普通だった」って言ってますけど、
私から見たらあなたも相当変ですよ?(笑))

オウンドベースの良いところは、

賛成でも反対でも、どんな意見でも、それを否定するわけじゃない

ところにあると思います。

なんでも否定する人がたまにいますが、
私はそういう人、ちょっと苦手です……。
だって私たちは、ひとりひとりが違うわけですから。

ひとつの話題に対して、
それを良いと思う人も悪いと思う人もいるのが当たり前です。

なのに、

そんな意見は間違っている!

みたいに決めつけてかかってくる人が、大人にはとても多いです。
それが「世間」なんだな……って、私は悲しい気持ちになります。

だから、私たちはそうならないように一生懸命考えます。

みなさんも記事を読んだ際、自分の意見を持つようにしてほしいです。
同意できるところとできないところを感じ取って、
同意できるところをうまく組み合わせて、
あなたオリジナルの意見を作って欲しいです。

それを否定する人は、ここにはいません。

そしてよかったら、
あなたの意見を私たちにも教えてください!

私たちの記事を読む
⇒思ったこと・感じたことをコメントやメールで共有する
⇒そのコメントを私たちが反映する

という双方向な感じが実現できたら、
ますますみなさんとの一体感が生まれて、良い流れになると思います。

もちろん、あなたが心の中で考えるだけでも良いです。
それが、「オウンドベース」の役割です。

みんなで作っていきたいです!

影響を受けるのと同じだけ、あなたは影響を与えていますよ

私がこのオウンドベースのコンセプトに影響を受けたのは、
入山くんからです。

そして、入山くんも羽鳥さんに影響を受けています。
羽鳥さんもきっと、誰かに影響を受けて今があるんだと思います。
そして、私も知らないうちに誰かに影響を与えていると思います。

ひとりで自分のすべてを作り上げてきた人なんていないんです。

私もかつてそう思っていたのですが、

サラリーマン=言われた作業をこなすだけ
サラリーマン=自分から何かに影響を与えることはない

あなたもそう感じたことはありませんか?

私はそう感じていたから、サラリーマンになるのが嫌でした。
そして、そう感じることをやめたから、
サラリーマンの中にも、誰かに影響を与えている人はたくさんいるっとわかったから、
サラリーマンにも素敵な人はいるんだなって思えました。

「自分にしかできない」と思って人生を歩むこと

それが、「割に合った人生を歩む」ってことだと思います。
『自由な』生き方、『自由な』働き方なんです。

自分には何の価値もない……

そう考えている人もいるはずです。

だけどそれは、

ただただ周りの意見に従うだけの人生を歩まされている

だけなんです。

一度、あなたが本当にやりたいことを考えてみてほしいです。
それを実現するために、
サラリーマンになるのが良いのか、
それとも起業したりフリーランスで生きていった方が良いのか、
選んでほしいです。

自分の人生を自分のために、自分が思うように生きてみませんか?

オウンドベースは、そういう影響を与える場所です。
そして、あなたの考えに影響されながら大きくなっていく場所です。

大丈夫ですよ。

「成功」したいと思いませんか? 私は思います。

私はまだまだ勉強中です。
知らないことだってたくさんあります。

成功するための条件は何だと思う?

私も羽鳥さんや入山くんに聞かれました。

その答えは、才能や努力、運などではなくて、
成功の条件とは『知識』だそうです。

それは学校の勉強とは少し違う、
丸暗記ではなく考えことが必要な「知識」です。

成功したくない人なんて多分いないと思います。

知識を身につける、って言われると、
ちょっぴり堅苦しい感じを受けるかもしれませんが、
とにかくまずは興味を持つことから始めましょう!

それが気づいたら、成功の道に結びついている。
そう信じて、楽しんでたくさんのことを知っていきましょう!

私は自分の意見を言うのが得意な方ではないですが、
しっかり自分の意見が言えるようにがんばります!

「オウンドベース」があるのはみなさんのおかげです。
これからよろしくおねがいします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です